『次回のオーダーの際にはココを変更』

2016年9月19日

スラックスで重要なのは、
何と言ってもシルエット。

立った時に裾がきれいにストンと落ちて、
布が靴の甲にたまりすぎない様にします。

ワンクッション、ハーフクッションという
言葉を聞いたことがあると思います。

以前はワンクッションが主流でした。

しかし最近は、ハーフクッション、
あるいはノークッションが主流に
なっています。

12235028_923584817691237_6687579841975930900_n-2

12238057_923584844357901_6657722824261522244_o-2

写真のBeforeではワンクッションが
入っています。

Afterでは丈を2㎝詰めています。

そしてただ丈を短くしているだけでは
なく、膝幅と裾幅も詰めています。

この2箇所のサイズ感を変えるだけで、
すっきりした印象になります。

新しくスーツをオーダーされる際には、
この部分だけでも以前と変えてみては
いかがでしょうか。

ただ、あまり短くしすぎてしまうと、
椅子に座った時に靴下が見えすぎて、
気になるかもしれません。

最適な長さはスタッフにご相談ください。

ゼニア専門オーダースーツ
スプレーモ

 

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31