「スーツ派 回帰…」と書かれています

こんにちは。

オーダースーツスプレーモの清水です。

16日付の日経新聞に、こうあります。

「夏本番のクールビズを前にして、スーツの需要が
戻ってきている」とのことです。

要約して中身をお伝えしますと、

クールビズでは半袖やポロシャツなどカジュアルな
軽装が主流ですが、仕事の場面によって暑くても
スーツを着る人が増えているとのことです。

その理由は、「きちんとした服装はお客様の信頼を
得られるし、ネクタイをすることで気持ちも引き締まる」
とのことです。

当店にご来店されたお客様にクールビズについて
お話をお聞きしたところ、「たしかに楽だし涼しいけど、
だらしなく見えたりするし、何よりもコーディネイトに困る」
という意見が多かったです。

社外の方に会う場合にも、崩したスタイルよりは
スーツ(ノーネクタイでも)の方が印象は良いかもしれません。

ただ、夏にスーツはやはり暑いです。

クールビズに慣れてしまうと、さらに暑く感じてしまいます。

そのため、各社とも清涼機能が付いたスーツや、
麻を織り込んだスーツを開発しています。

当店で取り扱っているゼニア社にも、夏の太陽光を80%反射させ、
スーツの表面温度を10度下げる「クールエフェク」という生地があります。

毎年夏には人気が出て、6月には品切れが続出する生地です。

クールビズの合間に着ていただくおすすめのゼニア生地
「クールエフェクト」。おすすめです。

それではまた。

オーダースーツスプレーモ
清水義雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です