スーツのタック | メリットとデメリットとは?

スーツのタック | メリットとデメリットとは?

スラックスのサイズを決めていく上で意外に重要な「タック」。選ぶタックによってスラックスの見え方が変わっていきます。

ノータックであればスッキリした見え方、一方のワンタックはどんな見え方なのか?今回はこのタックのメリットやデメリットを解説していきます。

1. タックとは

タックとは、スラックスの前身にある生地を畳んで折ったヒダのことです。

タックが入ることでヒップやウエストの腰回りに余裕ができ、動きやすくなります。

昨今では雑誌などに取り上げられ、クラシカルな雰囲気にしたい方やお洒落として楽しんでいる方もいます。

2. タックの種類

タックには3種類存在します。

その種類により印象も異なりますので、それぞれの特徴について解説していきます。

2−1 ノータック

一般的にノータックをはいている人の割合が多いです。

ヒダがないデザインでスッキリとした印象です。スラックスを細く穿きたい、細く見せたい方はノータックがオススメです。

しかし、お尻回りに余裕はないので、過度な運動をするとパンクや破れの原因にもなります。

2−2 ワンタック(1タック)

ヒダが左右に1本ずつ入ったデザインです。お尻やウエストなどの腰回りにゆとりができるので圧迫感がなく、リラックスして穿くことが出来ます。デスクワークなど、座り仕事が多い方に向いています。

細身のスラックスには用いられることが少ないので、よりクラシカルな印象になります。

2−3 ツータック(2タック)

ヒダが左右に2本ずつ入ったデザインです。ワンタックよりも更に腰回りにゆとりができるので細身が好きではない方におすすめ。

しかし、最近では1タックのゆとり量で十分という方も多く、2タックを選ばれる方は少な目です。

3. タックを入れるメリット、デメリットは?

3−1 メリット① 動きやすくなる

生地にゆとりを持たせているので立ったり座ったりの上下運動にもしっかり対応します。

細身のノータックとは違い、ストレスを感じることが少ないのも利点ですね。

3−2 メリット② デザイン性

冒頭でもお伝えしましたが、タックはお洒落の一部としても注目されています。

しかし、全体のサイズ感もダボっとさせすぎると、お洒落感は損なわれてしまうので、注意が必要です。

3−3 デメリット 野暮ったい印象

タックは雑誌で取り上げられていますが、まだまだその印象は「おじさんっぽい」「野暮ったい」というのがほとんど。

オーダーであればタック入りでもスッキリしたラインを出すことができるので、ひさしぶりにタック入りのスラックスにしようと思っている方にはオーダーがおすすめです。

既製服ではゆとりがあり、股上が深いサイズが多いのでダボっとしてしまうのもあります。

まとめ

タックとありなしで与える印象はガラッと変わります。

今お持ちのスラックス、これから購入を検討しているスラックスのタックに注目してみてください。意識するだけで印象が変わるかもしれません。

ご購入の際はお店のスタッフに相談してみましょう。

Back To Top