絶対知っておくべき!恥をかかないビジネスーツのマナー5選

絶対知っておくべき!恥をかかないビジネスーツのマナー5選

「第一印象が大切」とはビジネスに限らず、広く認知されていることです。

では、ビジネスにおいて第一印象を良くするというのは何をどうすればいいのでしょうか。

決して良いスーツを着ることだけではありません。

何よりも最初に大切なのは、ビジネスにおけるスーツのマナーです。

知らず知らずのうちに恥をかかないための、ビジネスにおけるスーツのマナー5つをご紹介します。

1. ブラックスーツはNG

ブラックの無地のスーツは礼服用が主です。基本的にビジネス向けではありません。

もったいないからといって礼服をビジネスシーンで着用するのは避けましょう。

ただし、ブラックベースの落ち着いたストライプ柄などのスーツであれば、ビジネスシーンで活用することは可能です。

ネイビーやグレーは持っているけど、バリエーションを増やしたい時に。

2. フロントボタンの留め外し

留めるためのボタンだからといって、フロントのボタンはすべて留めてはいけません。

2ボタン、3ボタンの場合も、一番下のボタンは留めません。一番下のボタンは飾りです。

フロント部分は、緩やかな丸みを帯びたカーブで仕上がっています。そのカーブに差し掛かっている部分のボタンを留めてしまうと、フロントのシルエットが歪んでしまいます。

また、座った状態の時のボタンは外しても問題ありません。

ジャケットのフロントに関しては、立ち姿を前提として作っていますので、座った際にきつく感じてしまうのは決して間違いではありません。

接待など会食の場面では座る動作も多いことから、ここは覚えておきたいポイントです。

3. パンツのセンタープレス

パンツのセンタープレスは入れましょう。センタープレスがある、なしでは大きく印象が異なります。

センタープレスはフォーマルシーンでは定番のデザインで、足元をすっきりと長く見せる印象もあります。

しかし数回着用することにより、膝の裏がヨレヨレになったり、ラインが消えてしまっている方も多く見受けられます。

これではせっかくいいスーツを着ていたとしても身だしなみに気を遣えない人だという悪い印象を与えてしまうかもしれません。

数回着用する毎に、または大切な商談の前などは必ず上着だけでなくパンツもチェックをしましょう。

そしてもし上記のような状態の場合は、ハンカチなどの当て布をしてアイロンをかけましょう。このほんのひと手間が大きく印象を変えます。

4. パンツの長さ

パンツの長さは、流行が大きく反映される部分ではありますが、ビジネスにおいては、長すぎ・短すぎ共にNGです。

長すぎる場合は野暮ったい印象。くるぶしがしっかり見えてしまうほどの短いパンツは、カジュアル(軽い)すぎる印象を与えてしまいます。

基本的には革靴に少しクッションが入る程度の「ハーフクッション」がオススメです。

5. 知って得する持つべきスーツの色柄

紳士服の色のバリエーションはさほど多くありません。ビジネスで定番の色としては、「ネイビー」と「グレー」。

柄は、無地・またはストライプを選びましょう。チェック柄はオフィスカジュアルなどが浸透している場面では問題ないですが、まずは無地とストライプを揃えるべきです。

「ネイビー」「グレー」といっても、明るさの幅は様々です。やはり、どちらも明るすぎない、落ち着いた色合いが無難。こうした色柄の組み合わせを持っておくと、様々なシーンで使うことが出来ます。

これらの落ち着いた色柄が揃ったら、明るめの色味や、少し変わった柄物を足していくとさらにシーンに応じた使い方が出来るようになります。

6. まとめ

フォーマルシーンにおける着こなしのルールは様々ですが、ビジネスに至ってはそこまで厳しくはありません。

何となくビジネスシーンでのマナーに不安のある方は、今回の5つのポイントを覚えておけば、相手にマイナスの印象は与えません。

あなたが会社を訪問する時、またはセミナーを受講する時などに、相手の方はどんなスーツを着ているでしょうか。

そこからもヒントは見つかるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

Back To Top