スーツに生えたカビの落とし方伝授します!【簡単4ステップ】

スーツに生えたカビの落とし方伝授します!【簡単4ステップ】

スーツにカビが生える

在宅勤務が増えている中、スーツをクローゼットにしまったままの方は多いはずです。

スーツを入れっぱなしで、いざ出勤する前日にスーツを出すとカビが…ということになりかねません。

中には衣類にカビが生えたら捨てるという方もいるようですが、まだ大丈夫です!

お気に入りのスーツはカビが生えても取り除いてできるだけ長く使いたいですよね。

今回はスーツに生えてしまったカビの取り方について解説していきます。

1. カビが生えてしまう条件は?

スーツにカビ

環境など一定の条件が揃うことで洋服にカビが生えてしまいます。

大きな原因として上げられるのが、湿気と温度になります。高温多湿な環境でカビは繁殖します。

次にカビは繁殖に栄養が必要です。カビの主な栄養源は埃や塵、汗、食べかすなどです。

カビを防ぐには衣類のメンテナンスは勿論ですが、収納場所を清潔に保つ必要があります。

2.【スーツにカビが生えた時の処置【4ステップ】

カビを見つけたときはたった4ステップで見た目を綺麗にすることが出来ます。

しかしこれはあくまで応急処置という事を念頭に置いてください。

応急処置でその日のうちはカビを抑えることができますが、長期的に見るとまた発生する可能性があるからです。

それでは各ステップを見ていきましょう。

2-1 スーツのカビを落とす道具

スーツのカビを落とす道具

まずは必要な3つの道具を準備しましょう。

・アルコールスプレー:手を除菌するときに使うものでOKです。

・タオル:歯ブラシをお勧めする意見もありますが、歯ブラシはスーツの表面を傷つける可能性があるのでオススメできません。

・アイロン;アルコールと合わせてスチームで殺菌するのに使用します。

2-2 スーツの裏側の色落ちを確認

スーツの裏の色落ち

初めに、裾の裏側やジャケットの内側など目につきにくい部分にアルコールを少量滴付けて、色落ちがしないかテストしてみて下さい。

生地によってはアルコールによって色落ちが生じてしてしまうので、必ず確認を行いましょう。

2-3 スーツのカビを叩き落とす

スーツのカビを布で

タオルにアルコールを吹き掛け、叩きます。

注意としてこすってしまうと繊維の奥までカビが入ってしまうほか、生地の表面を傷つけてしまいます。

叩くように落とすのがポイントです。

2-4 スーツにスチームアイロン

スーツにアイロン

ほとんどのカビは50度以上で死滅するので、高温のスチームを出しながらアイロンがけをしましょう。

デリケートな生地の場合は当て布をするのがオススメです。

アイロンをかけたら応急処置は完了です。

アイロンのかけ方については、こちらを参考にしてみて下さい。

【アイロンのかけ方を見る】
https://supremo.jp/blog/textbook_suit_ironpress/

2-5 スーツをクリーニングに出す

スーツのクリーニング

応急処置のあと一度着たらクリーニングに出しましょう。

繊維の奥にはまだ目に見えないカビの根が残っている可能性があり、応急処置でカビを根絶するのは非常に難しいからです。

白カビや黒カビなどはクリーニングで落とすことが可能なので、応急処置で凌いだら必ずクリーニングに出しましょう。

3. スーツにカビを生やさないためのケア

カビを生やさない為にはメンテナンスが必要になります。

カビは取り除くよりも、生やさないことが大切だからです。

毎日するのは大変ですので、2週間に1回、もしくは1か月に一度メンテナンスをしましょう。

3-1 スーツのブラッシング

スーツのブラッシング

ブラッシングをすることでカビの栄養である埃やフケを取り除きましょう。

カビの栄養を取り除くことはカビの繁殖を防ぐ効果に繋がります。

また、ブラッシングは撫でるのではなく、ホコリなどを掻き出すようにするのがポイントです。

3-2 スーツの保管方法

スーツの保管方法

保管の際も、カビが発生しない環境を維持することが大切です。

湿度を上げない為には普段からクローゼットに洋服を詰め込み過ぎないようにしましょう。洋服同士の間隔が狭いと湿度が高くなってしまいます。

どうしてもパンパンになってしまう場合は定期的にクローゼットの換気をするのも効果的です。

クリーニングから戻ってきた時に掛かっているビニールの付けっぱなし、これもNGです。ビニール袋が掛かっていると清潔に保てそうですが、湿気がこもってしまうので、返ってカビの原因に繋がってしまいます。

何もつけないのが理想ですが、どうしてもホコリなどが気になる時はビニールではない、不織布などの通気性の良いカバーを付けて、定期的に外してあげるのがオススメです。

まとめ

いかがでしょうか。これでカビの応急処置と予防は完璧です。そしてカビからスーツを守るには、取り除く事よりも普段からカビをはやさない普段の手入れと管理が重要です。

カビは一見落とせたように見えてもしぶとく生えてくる厄介な汚れです。しかし応急処置と予防さえ知っていればもう怖くありません。カビに負けず、お気に入りのスーツを末永く愛用しましょう。

 

オーダースーツとオーダースーツ店舗の選び方

Back To Top