スーツのベルトはなしでも大丈夫?パンツの種類で正しく着よう

スーツのベルトはなしでも大丈夫?パンツの種類で正しく着よう

スーツにベルトなし

スーツをベルトなしで着る事はビジネスシーンで通用するのか。

近年では服装の自由化もあって、ベルトなしでスーツをお洒落に楽しむ人もいます。

ベルトなし(ベルトレス)のスーツは楽でおしゃれな印象ですが、マナーを欠いては逆効果になることも。

今回は、どのようなスタイルならベルトなしでスーツを着てOKなのか、アイテムとシーンを中心に解説していきます。

1. スーツにベルトを締める意味

スーツにベルト

ベルトには装身具としてコーディネートを引き締める役割と、マナーとして着こなしの必需品のであるという2つの役割があります。

ベルトをし忘れた日に焦ったり、何となく落ち着かないのは、

全身の中央に位置する引き締め役が不在で、かつ必需品がないと無意識に認識しているからです。

2. ベルトをしないウエストのデザイン

近年ではスーツのウエストのデザインが多様化しています。

ベストなしのスタイルを実践するには、ウエスト周りのデザインを把握することも重要です。

ベルトなしのスタイルに使われる代表的な3種類のデザインを覚えておきましょう。

2-1 サスペンダー

スーツにサスペンダーボタンを付ける

サスペンダーでパンツを吊ります。裏返すと釦がついていてサスペンダーをひっかける仕様になっています。

2-2 ベルトレスアジャスター

スラックスのベルトレスのアジャスター

ベルトループがなく、サイドに尾錠付きのアジャスターがついています。

2-3 ドローコード

スラックスのドローコードスタイル

ウエストの一部がゴムになっており、中に通っている紐で大きさを調整します。ベルトループが付いているモノもあり、上からベルトをすることもできます。セットアップのパンツに多く見られます。

3. ベルトのありなしはどうやって判断する?

ベルトをしたほうがいいのか、しなくてもいいのか、判断基準をアイテム別とシーン別に分けて考えると整理できます。

3-1 ベルトループが付いているとき

スーツスラックスのベルトループ

ベルトループが付いているパンツはベルトをしましょう。

ビジネスシーンではスーツのルールが重んじられることが多いので、ベルトは必ずつけましょう。

ループが付いているのにベルトがない状態でスーツを着ていると、人によってはだらしないと感じる人もいるので注意が必要です。

スラックスのサスペンダー

ベルトループがついていてもサスペンダーで吊る場合は例外です。

サスペンダーつける場合はベルトなしがマナーになります。

セットアップのスーツを着用するときなど、シャツやニットなどの裾を出して見えない場合はベルトなしでドローコードを調整して問題ありません。シャツをインする場合はベルトをしたほうが無難です。

3-2 シーン

ビジネスシーンでのスーツスタイル

ビジネスシーンで相手の方がスーツにネクタイといったドレススタイルの時は、ベルトなしのスーツは好ましくありません。

ジャケパンやセットアップで着崩していったとしてもシャツインでベルトをしたほうが良いでしょう。

また、自分より年輩であったり、立場が上の人との商談などもベルトなしは避けた方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スーツのベルトなしの着こなしですが、相手への印象の与え方を考えることで解決できましたね。

一歩間違えるとお洒落のつもりが逆効果にもなってしまうので、正しい理解と着用を心掛けてコーディネートを楽しみましょう。

 

オーダースーツとオーダースーツ店舗の選び方

Back To Top