大切な人へスーツをプレゼントしたい!お仕立券の選び方

大切な人へスーツをプレゼントしたい!お仕立券の選び方

大切な人へせっかくプレゼントするなら、長く身に付けてくれるものを贈りたい。

サイズが変わっても長く着れるスーツをプレゼントしたい!と考える方が増えています。

ただ、いざプレゼントしようとしてもどんな色のスーツが良いか分からないし、サイズも分からない…。なので、既製服でプレゼントするなんて、出来ませんよね。

しかし、オーダースーツをプレゼントするのであれば、そんな心配もありません。

今回はお仕立券の選び方を解説します。お仕立券をご購入前の方は必見です。

オーダースーツのお仕立券(ギフトカード)はなぜ人気?

1. 好みのサイズや体型に合わせたスーツができる

自分の身体にぴったりに作れます。ウソのように身体にピッタリとくっつくオーダースーツが完成します。

身体のサイズは、人それぞれ違いますし、ゆとりの好みも違います。ジャストサイズのスーツを着た瞬間の彼がよろこぶ姿はずっと記憶に留めておきたい思い出です。

2. 好みの色柄が見つかりやすい

紳士服の量販店でスーツがたくさんハンガーに掛かっているのを見たことはあるかと思います。

種類がたくさんあるように見えますが、実際自分のサイズのコーナーに行ったら、数えられるくらい、なんてことがあると思います。

オーダースーツは生地から選ぶので、選択肢は数百種類。彼が気に入る色柄が必ず見つかります。

3. 予算を決めやすい

婚約指輪のお返しであれば、相場は指輪の半値くらいなので15万~20万。

ただ、いざ一緒に買いに行くと、予算をオーバーしてしまうことも…。予算を気遣いながらプレゼント、贈る側も贈られる側も疲れます。

お仕立券であれば、あらかじめ自分で金額を指定できるので、そういった心配もありません。

4. 長持ちする

着用頻度に限度はありますが、既製服に比べてオーダースーツは長持ちします。

テーラーがその人の姿勢の癖などを見て仕立てていくので、生地に余計な力がかかりません。傷めることなく、長く着ることができます。

オーダーの種類

お仕立券を購入する前にオーダースーツの種類を知っておきましょう。

すべてのオーダー種類があるお店は少ないので、必ず取り扱いのオーダー種類を確認しておきましょう。値段や仕立て方、納期も変わるので注意が必要です。

値段の違いとは

大きく分けて2つ考えられます。

1. オーダーの種類の違い

1つは、オーダーの仕立て方の違いです。

マシンメイドは中国やインドネシアなどの低コストの工場で大量生産されます。縫製レベルは高いとは言えませんが、価格は抑えることができます。

一方、日本国内の工場生産のスーツは一つ一つ丁寧に作っていくのでコストは高くつきます。ただ、高い縫製レベルを活かしたスーツを仕立てることが可能です

2. 使用する生地の違い

2つ目は生地の違いです。

生地に使われているウールなど素材が良ければその分価格も上がっていきます。

安価のスーツはポリエステルが含まれている場合が多いです。動きやすい、ストレッチが効いているという利点はありますが、化学繊維独特のテカリがあるでチープな印象に。プレゼント用のスーツには向いていないと言えます。

高級なスーツはウール100%がほとんどです。

ウールの質が良ければ価格も上がりますが、高級生地には独特の滑らかな肌ざわりと艶のある光沢があります。お店によって取り扱っている生地の数や種類が異なります。

スーツが出来上がるまでどれくらい?

下記が一般的なオーダースーツの完成までの流れになります。

1. ヒアリング

まず初めにご来店頂いて、どんなスーツにしたいか、どんなシーンで着たいか、などのスーツの完成イメージの共有をします。

また、今までのスーツでの悩みなども伺いながら進めていくので、しっかりと相談しましょう。

2. 生地選び

既製品との違いが出るのが生地選びです。まだスーツの形になっていないので着ることはもちろんできません。

お店に行く前に、色や柄のイメージをしっかりとかためておくのがオススメ。

3. 仕様の選択

ボタンの数や色、襟型や裏地の色柄など細かいディティールを決めていきます。実際に着る時のことを考えて選んでいきましょう。

張り切って派手なモノを選ぶと着るシーンを選んでしまい、出番がなくなってしまう、なんてこともあるので注意が必要です。

4.採寸

身体の数カ所を採寸していきます。

身体に合わせてスーツを仕立てていくので、力を抜いて、自然体で採寸をしてもらいましょう。無理な体勢でいると力を抜いた時に余計なシワが出てしまいます。

5. 仮縫い(フルオーダーのみ)

フルオーダーで作る方のみ仮縫いという工程があります。

採寸して2週間から3週間後くらいにもう一度お店に行き、しつけ糸で軽く縫われたスーツを試着して、最終的なサイズ補正のフィティングを行います。

仮縫いがあることで細かなサイズ修正を行うことが出来るので、仕上がりに大きな違いが出ます。

6. 完成お渡し

オーダースーツが初めての方なら、いつものスーツと比べると袖を通した瞬間違いがすぐに分かると思います。

万が一気になるサイズ感の場合はすぐにお店に連絡して直してもらいましょう。

お仕立券のご利用の注意点

有効期限

どのお店でもお仕立券には有効期限が設けられているのがほとんどです。余裕を持って、早めにご利用しましょう。

差額分の返金の対応していないお店も

生地やオプションにより、金額が上下する場合があります。

例えば、20万円分のお仕立券を購入したが、選んだ生地は11万だった場合の差額は9万円。この差額分を返金するお店もあれば、しないお店もあります。お仕立券を購入時に確認しておきましょう。

まとめ

せっかく彼や旦那さまにプレゼントするのであれば、ちゃんとしたものを贈りたいですよね。

ただ女性にとって、今まで考えたこともなかったオーダースーツのことを詳しいわけがありません。

予算、生地の種類、出来上がりの品質、ランク、その後のアフターフォローなど心配です。

人それぞれ予算や好みは違うと思いますが、決して安いお買い物ではないのでお店選びは慎重にしましょうね。

Back To Top