スーツは何着あれば安心?スーツの正しい着回し方法を解説

スーツは何着あれば安心?スーツの正しい着回し方法を解説

スーツは何着あればいいのだろう。といった相談をよく受けます。

スーツは消耗品ですので、毎日同じスーツを着続けることは傷みを早めてしまいます。

そこで今回は、新社会人と一般のビジネスマンに分けて、必要なスーツの着数とおすすめの着回し方法、そしてプライベートでも持っておくべきスーツをご紹介します。

  1. 1. ビジネスにおける必要なスーツの着数

新社会人のスーツの着数

社会人1、2年目の場合、たくさんのスーツを持つことは難しいかもしれません。それでも最低3着は持っていて欲しいです。

スーツは1日着ると、汗を吸収しシワも発生します。そのため1日着たスーツは、2日は休ませて汚れなどの蓄積を軽減させます。

週5日スーツを着るのであれば、3着のローテーションで着まわしましょうう。

ビジネスマンのスーツの着数

3年目以降になると、仕事の幅も広がります。時には大事な商談やイベントがあり、「勝負スーツが欲しい」と考える方も多くなります。

また1年目や就活の時に着ていたスーツもそろそろ傷みが出るころかもしれません。

3年目以降のビジネスマンの場合、スーツの選択肢を広げて5着または6着を目安に増やしていくのが良いでしょう。

2. おすすめスーツの組み合わせ

新社会人のスーツの組み合わせ

手持ちのスーツが3着の場合のおすすめの組み合わせを解説します。

社会人1、2年の場合は、派手でインパクトのある印象を与える必要はありません。とにかく清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

最も清潔感のあるスーツの色といえば、ネイビーです。

1着はネイビーの無地のスーツ、2着目は落ち着いたストライプスーツなどの柄物が良いです。

また3着目は少し雰囲気を変え、落ち着きのある印象のグレーのスーツを持つと、バランスの良い組み合わせとなります。

ビジネスマンのスーツの組み合わせ

上記のような揃え方を中心に、着数が増えても同じ色柄のスーツばかりにならないように気を付けましょう。

また、スーツを季節ごとに分けることも大切。日本の気候は温度差が激しいので、それぞれの季節にあったスーツを選べば快適に過ごすことが出来ます。

季節ごとのスーツは、春夏と秋冬と大きく2つに分けて揃えていきます。

春夏は涼しげなブルーを中心としたやや明るめの組み合わせ、秋冬は落ち着きのあるシックな色柄のスーツで揃えると季節感が演出できます。

ただし、すべてを奇抜な色柄で揃えるのではなく、1、2着程度はどんな場面でも着ることの出来る紺無地や、チャコールグレーの無地を持っておきましょう。

3. プライベートでも持っておくべきスーツ

お仕事以外でもスーツを着る機会は必ずあります。

代表的なのが冠婚葬祭。この時に使うのがいわゆる「礼服」です。基本的にはブラックスーツで、光沢のあまりない黒無地を指します。(この他にモーニングやタキシードもあります。)

この黒無地のスーツは、一般的にビジネスで使用することはほぼないので、普段使いのスーツとは別で準備しておく必要があります。

また余裕ができた場合、パーティなどお祝いの席用のスーツも持っておくと良いでしょう。光沢のある生地や3ピーススーツなどで華やかに身を包むことで、その場をより楽しむことも出来ます。

まとめ

同じスーツを着る頻度が多いと、まわりから「いつも同じスーツ着ているな」と思われてしまいます。

最初はスーツの数を揃えるのに苦労しますが、一度揃ってしまえば1着1着を大切に長く着ることが出来ます。かえってコスパは良くなるのかもしれません。

皆さんも一度ご自身のワードローブを見直してみてはいかがでしょうか。

Back To Top