第4の色 ブルーのスーツをスマートに魅せる

第4の色 ブルーのスーツをスマートに魅せる

服装の自由化が進む日本のビジネスシーンで、最近増えているのがブルー(青色)のスーツ。

「仕事でも個性を出したい」「他人と被りたくない」そんな個性派の方を中心に徐々に人気が出ています。

スーツはネイビー、グレー、ブラックが主流ですが、第4の色の選択肢として上手に着こなせば、凛々しく個性的な男性の魅力を演出できます。

しかし、個性的な服装というものは諸刃の剣。バッチリ決まればとてもかっこよく、失敗するとイメージダウンは避けられません。

今回はそんなブルーのスーツの魅力と注意点について解説していきます。

1. ブルーのスーツの印象

ブルーのスーツは、非常に爽やかな印象と個性的な印象の2つを併せ持ちます。

ブルーは信頼、誠実、開放感、知的といったイメージを持ち、爽やかなイメージから女性受けも良いとされる色です。

一方スーツにおいて定番の色はネイビー、グレー、ブラックの3色であり、着ている人が少ないです。スーツを着用するシーンでは色が被りにくいので、個性的という印象もあります。

お店によっては写真左のブルーと写真右のネイビーを同じ色の系統として売っているところもありますが、全くの別物と考えた方がいいでしょう。

ネイビーは落ち着き、ブルーはアグレッシブと周囲に与える印象が異なる点も覚えておきましょう。

2. ブルーのスーツを着こなすためのポイント

ブルーのスーツは個性的なので、上手く着こなすのも若干難易度高めです。

着こなすために重要なポイントを基礎編と応用編に分けて解説します。

2-1 基礎編① コーディネートはシンプルに

ブルーのスーツは単体で十分インパクトがあるので、スーツを際立たせるシンプルなコーディネートが一番カッコよく見せることが出来ます。

ブルーはスーツの中では色物に分類されるので、写真左のように色物や目立つ柄物などと合わせるのは難易度が高いです。

シャツはもちろんですが、ネクタイやシューズをはじめとする小物もシンプルにまとめるのが基本です。

2-1 基礎編② サイズ感はジャストサイズ1択

ブルーは収縮色(細く見える色)なので、細身にしすぎは逆効果。パツパツで小さい印象強調してしまいます。

ほどよくゆとりのあるジャストサイズが一番着用者をカッコよく魅せてくれます。

2-3 応用編 ヴィヴィッドカラーのネクタイを合わせてみよう

ブルーのスーツはネイビーやグレーのスーツと比べて鮮やかな色なので、それらでは合わせづらいヴィヴィッドカラーのネクタイを合わせても馴染みやすいです。

よりお洒落に魅せたいときに使ってみましょう。

3. ブルーのスーツがNGなシーンを覚えておこう

ブルーのスーツは使いどころがはっきりと区別されます。

せっかくの個性的でカッコいい印象が逆効果にならないよう、TPOはキチンと押さえておきましょう。

3-1 謝罪やプレゼン、代表として人前に立つとき

企業を代表して行う行為、謝罪やプレゼンなどのビジネスシーンで個性は不要です。

自分の個性的なイメージがそのまま企業や部署の印象になり、かえって軽いイメージを与えてしまいます。

自分が代表となるビジネスシーンではブルーは避けましょう。

3-2 結婚式の挙式などフォーマルな場面

最近は結婚式にブルーのスーツを着ていく人も増えているようですが、それがOKなのは2次会から。

挙式や披露宴ではその個性ゆえ、ブルーのスーツは悪目立ちしてしまいます。

また、2次会のスピーチや挨拶など、親族や友人を代表する立場の時はブルーを避けるのがマナーです。

3-3 秋冬シーズンに明るいブルー

明るいブルーは涼しげなイメージで、春夏に着る人の多い色です。

秋冬のシーズンに涼しげな明るいブルーを着ていると、「あの人寒そう…」という印象を与えてしまう可能性があります。

秋冬に着るのであれば、濃いブルーを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

今ブルーのスーツを持っている人も、これから買おうと思っている人も、TPOと着こなしに注意してみてください。

これだけでもブルーのスーツで失敗することは大きく減ります。

ブルーのスーツを正しく着て、ワンランク上のスーツスタイルを身に纏いましょう。

 

Back To Top