出張時に必読!スーツの畳み方(たたみかた)完全マスター

出張時に必読!スーツの畳み方(たたみかた)完全マスター

「荷物をコンパクトにしたいので、大きなガーメントケースは持ち歩きたくない。」

「移動中だけバッグにしまいたい。」

スーツの上着をハンガーにかけずに持ち運びたいことはよくあります。でも、スーツはどうやってたたんだらいいのか、そもそもスーツをたたんでいいのか、など疑問がたくさんあると思います。

シワになりにくく、傷もつきにくい正しいスーツの畳み方を解説します。

スーツの畳み方(たたみかた)完全マスター

1. スーツを畳む(たたむ)リスク

スーツの上着はいくら上手にスーツを畳んだとしても生地が折り曲げらるのでシワが目立ちます。ある程度はしょうがないのですが、シワを最小限におさえる必要があります。

また、たたんで運んだり置くことで傷や汚れというリスクもあります。これらを防ぐ畳み方を覚えておくとスーツも長持ちします。

2. スーツの畳み方(たたみかた)の手順

実際に写真を見ながら解説します。

2-1 エリを立てる

もともとやわらかくプレスしている部分なので、立てても大丈夫です。

エリを着用時のようにエリを返した状態で畳むと、場合によっては折り目が強く入ってしまう事があります。

2-2 両肩に手を入れ肩パットを合わせる

両手が肩先に入るようにスーツを持ち、手のひらを合わせるように左右の肩を合わせます。

2-3 片方の肩パットが重なるようにひっくり返す

肩パット同士が重なることで、ズレを軽減させます。

この時にエリが左右で二重になるように合わせることがコツです。裾まできれいに半分にたためます。

2-4 カバンに合わせて二つ折り、三つ折りに畳む

大きいスーツケースなどには二つ折り、小さめのバッグに入れるときは三つ折り、となるべく折り目は少なくします。

裏地面が表になるので、万が一何かで傷がついた時も目立たちません。

2-5 パンツの畳み方

パンツは平置きにして半分に畳みます。さらに半分にすると四つ折りになりコンパクトになります。

3 シワを取り元の状態に戻すには

畳んだ順番の反対に戻していきます。最後にエリを返してハンガーに吊ります。折り目にはシワが入っていますが、軽いシワなら一晩吊るしておけば元に戻ります。

すぐにシワを取りたい場合はアイロンのスチームをかければ簡単にシワは軽減されます。

出張先などでアイロンがない場合は、湯気が残るシャワールームにしばらく吊って蒸気を吸わせます。10分くらいで取り出して、換気の良いところでシワを手で伸ばせばシワは取れます。

4 出張や移動以外にも応用

このスーツの畳み方はバッグにしまう時以外にも役に立ちます。ハンガーのない場所で上着を脱ぐ場面ではこの方法を活用してください。

飲食店では椅子に掛けたりすることもあると思いますが、畳んで椅子の上に置きましょう。万が一食べ物や飲み物がこぼれたときも、裏にかかるので汚れも目立ちません。

車や電車移動の時も同様です。

暑い季節に得意先への訪問時に上着を脱いで移動するときは、半身に畳んだ状態で腕にかけてもOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スーツの中には芯地や綿がたくさん入っており、畳み方を間違えると型崩れの原因にもなります。

スーツの畳み方を心得ていると、スーツ自体を守ることと同時に所作もスマートに見える効果があります。ぜひ試してみてください。

Back To Top