既製よりもオーダーメイドのシャツを購入すべき理由

既製よりもオーダーメイドのシャツを購入すべき理由

オーダースーツは購入したことがあるが、ワイシャツは既製服で購入している、と言う方は多いはず。スーツがどんなにかっこよくても、ワイシャツのサイズが合っていないと見た目はきれいに見えません。

オーダーメイドのワイシャツを購入したことがない方、検討中の方は是非参考にして下さい。オーダーメイドのワイシャツの魅力をお伝えします。

1. オーダーの種類

ワイシャツには、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーの3種類が存在します。

一般的にはパターンオーダーやイージーオーダーがほとんど。身体のサイズを測り、体型に近い型紙やパターンをもとに作ります。

明らかに違うのがフルオーダーで、型紙を一から作成。職人が手作業で行うので、高品質な仕上がりになるのが特徴。ただしコストは高く、ワイシャツ1枚5万円~販売されています。

パターンオーダーやイージーオーダーでも十分サイズを合わせることが出来るので、これらがオススメです。

2. オーダーワイシャツのメリット

2-1. サイズがとにかくピッタリ

これが最大のメリットかと思います。

既製服では首のサイズと袖のサイズが決まっていて、これに合う人はなかなかいません。例えば、首が細く腕が長い人は袖のサイズに合わせると首がぶかぶかになります。逆に首に合わせると、袖が短くなります。

こういったどちらかのサイズに合わせるといったストレスをオーダーメイドシャツであれば解消できます。

2-2. 好きな色や柄が選びたい放題

既製で購入する際、探していた色のシャツが見つかっても自分のサイズがなかった、なんてことがあるかと思います。

オーダーであれば、既製服より圧倒的にシャツの色柄を豊富なので、探している色柄が見つかります。

2-3. えりの形も選びたい放題

自分の好きなえりの型で、しかも生地柄を探すとなるといくつものお店を転々と探し回らなければいけません。挙句の果てには見つからなかった、という経験をしたことがあるかと思います。

生地の色柄と同様に好きなえり型も選べるので、買い物の時間も短縮できます。

3. ワイシャツの本当のサイズ感とは?

既製服しか着ていないと、そのサイズが「自分のサイズ」と思ってしまいます。

オーダーでは、より細かい部分のサイジングが可能となります。特に注意したい部位は以下の3つです。

3-1. 首回りのゆるみは大きなマイナス

第一ボタンをしめて、人差し指が1~2本入るくらいが適正サイズです。

首のサイズが大きすぎるとネクタイを締めたときに生地の余りがシワになるので、カッコよく決まりません。だらしないといった印象で、商談や営業において大切な「第一印象」がマイナスに。

3-2. 袖の長さが一番重要

重要なのは袖のサイズ。カフスのボタンをはずした状態で親指の第二間接に掛かるか掛からないかが適正サイズです。

ポイントは少しだけゆとりを持たせること。カフスボタンをしめたときのサイズで合わせると、腕を前に出したときに袖が引っ込んでしまいます。ゆとりがあれば、腕を前に出しても袖が引っ込みません。

ジャケットを着た時のサイズ感は、ジャケットからワイシャツの袖が1㎝~2㎝程出ているのが適正です。

3-3. 手首も気にしてください

手首に適性のサイズがあること自体知らない人も多いかと思います。

袖のサイズが合っていても手首が合っていないと全体がきれいに見えません。例えば、袖が合っていて手首が大きい場合、カフスのボタンをしめても手首で袖が止まらず、手の甲までずり下がってきます。ジャケットを着るとワイシャツの袖が5㎝~6㎝出てしまい、だらしない着こなしに。

カフスのボタンをしめて、人差し指が1~2本入るくらいが丁度いいです。逆に手首が細すぎると、袖の自由が利かなって、腕を動かす度に袖を引っ張られます。

まとめ

お持ちのワイシャツのサイズは適性のサイズですか。

オーダーの特性上、既製服とは違い購入してすぐに手元には届きません。ですが、それ以上に自分に合ったサイズを身に付けることは大事です。

まずは、オーダーメイドのワイシャツを試してみてください。

Back To Top