吊るしのスーツとは?あなたにふさわしいスーツの選択方法

吊るしのスーツとは?あなたにふさわしいスーツの選択方法

吊るしのスーツとオーダースーツの差はどこに

吊るしのスーツ”という言葉をよく耳にすると思います。

「立場が上がったのにまだ吊るしのスーツ着てるの?」

「どこのスーツですか?吊るしですか?」

このような会話もよくあることですが、

しかし、そもそも吊るしのスーツってどのようなものでしょうか。

今回は吊るしのスーツについて解説し、スーツを新調する際に何を基準にするとコスパの良いスーツが手に入るかをご紹介します。

1. 吊るしのスーツとは

吊るしのスーツ

吊るしのスーツとは、既製品のスーツを指します。オーダースーツの対義語です。

スーツはイギリスが発祥とされ、お客様はテーラーに注文し、採寸して、合ったサイズで仕立てるオーダースーツが主な購入方法でした。

しかし、スーツの文化がアメリカに渡り、合理的な販売方法が生まれました。あらゆる身長体重の体に合わせたサイズのスーツをあらかじめ作っておき店頭に吊る方法です。

スーツが店頭のラックにハンガーで吊るされた姿から、既製品のスーツは“吊るしのスーツ”と呼ばれるようになりました。

現在日本でも大手スーツ専門店や、ブランドショップのスーツなどはこの“吊るし”のスタイルを採用しています。

  1. 2. 吊るしのスーツのメリット

  2. 吊るしのスーツのメリットとは

吊るしのスーツは欲しい時にすぐ手に入るのが最大のメリットです。購入して裾上げをすればすぐに着用出来ます。

直近に着用予定が出来てしまったり、時間の無い時には大変便利です。

また、既製品は新作の開発スピードが速いです。トレンドを常々研究し、デザインやシルエットもシーズンごとにアップグレードされます。

型紙やシルエットの開発はコストがかかりますが、大量生産がもたらすメリットの一つと言えます。

3. 吊るしのスーツのデメリット

吊るしのスーツのデメリット

自分に合ったサイズを見つけにくいことがデメリットです。

正しいスーツのサイズは肩、袖、着丈、胸回り、胴回り、ウエスト、ヒップ、と最低でもこの箇所を合わせる必要があります。

しかし、吊るしのスーツでピッタリ満足いくものを見つけるのは至難の業です。

お直し箇所が多くなれば多くなるほど、時間も費用も掛かります。

また、「サイズが見つかったのに、生地が気に入らない。」「3ピースだったらかったのに。」といった不具合も吊るしのスーツには起こりがちです。

  1. 4. 吊るしのスーツとオーダースーツの比較

  2. 吊るしのスーツとオーダースーツの比較

吊るしのスーツとオーダースーツいったいどちらがいいの?とよく言われますが、コストパフォーマンスを考えるとオーダースーツが良いと言えます。

サイズは既製品でピッタリなものが見つかったとしても、それは長さや緩さなどの寸法までしか合っていません。

本来人の体は反った体や猫背といった前後の傾き、肩の左右の傾きもあります。腰の位置、腕の引き具合、胸巾と背幅も人によりさまざまです。

それらはスーツの寸法だけではどうしようもなく、オーダースーツで体型補正という型紙修正を行う事できれいに直ります。

オーダースーツは時間もかかりますし、同じ生地ランクのスーツで比較したら価格も高くなるかもしれませんが、仕上がりはそれだけの価値があります。

スーツが作業着のように酷使される環境であったり、人と会う機会が少なければ、普段用と大事な場面用で吊るしとオーダースーツを分けることもコストパフォーマンスを上げる方法です。

吊るしのスーツとオーダースーツのメリットとデメリット

まとめ

いかがでしたでしょうか。吊るしのスーツはどの様なものかお分かりいただけましたでしょうか。スーツを着る目的は人によって異なります。それぞれのメリットデメリットを覚え、上手に使い分けることでコストパフォーマンスの高いスーツが手に入ります。ぜひ今後のスーツ購入のご参考にしてください。

Back To Top