スーツの色で印象が変わる!場面に合わせた色選びマニュアル

スーツの色で印象が変わる!場面に合わせた色選びマニュアル

スーツを買う時に「今回は何色にしようかな」と迷うけど、結局いつも一緒になってしまう男性は多いです。

多くの男性は自分に似合う色、が落ち着くので集中して買いがちです。

しかし、似合う色というのは自分の思い込みで、実は思っている以上にいろいろな色が着こなせるのがスーツの不思議なところです。

今回はスーツに使われる色が、着る人にどのような印象を与えるのかを解説します

1. スーツの色とは

スーツの色数はカジュアルウェアに比べると4分の1程度と少ないです。大きく分けると、ネイビー系、グレー系、ブラック系、ブラウン系、その他に分かれます。

元々スーツは軍服が発祥であり、現代ではビジネスシーンに馴染むような色が採用されてきました。ユニフォームの延長ともいえるので、「○○色のスーツが似合わない」というようなことはなく、すべての人に似合うような色がラインナップされています。

例えば「ネイビーしか似合わない」など、自ら似合う色を絞り込んでしまうと印象はたった一つになってしまいます。

デザインも形も似ているスーツを差別化するには色は大変重要な要素です。

2. ネイビーのスーツ

ネイビーのスーツ

ネイビーはスーツの二大カラーのひとつです。日本人の肌に馴染む、とも言われます。

スーツといえばこの色、というくらい定番のネイビー

ビジネスシーンで一番よくみる色です。清潔感、誠実感、若々しい、といったイメージを与えます。

通常のビジネスシーンや、フォーマル度の高い場面でも着用出来ます。

以前はリクルートスーツもこの色が定番でしたし、あらゆる年代にマッチします。

ネイビーカラー

ネイビーは明度と彩度の組み合わせで色が構成されます。

ネイビーの彩度を下げていくとグレー寄りになり、ブルーグレーという色目になります。スーツでも人気の色です。

反対に赤味を帯びたネイビーはナス紺と呼ばれる紫よりの色になります。

さらに明度と彩度を上げていくとビビッドなブルーになります。ロイヤルブルーといわれる目が覚めるような鮮やかなブルーです。

ビジネスシーンには少し派手で、パーティなどの華やかな席に向きます。また、欧米人の様な彫りの深い顔立ちですと色の強さによく合うのですが日本人は顔立ちが薄いので、あまり彩度が高いと負けてしまいますので、ほどほどにしましょう。

ブルースーツが気になる方はこちらを参考にしてみて下さい。

ブルースーツの着こなし術 | シャツやネクタイの合わせ方

 

3. グレーのスーツ

スーツの二大カラーのもう一つはグレーです。コーディネートもなんでも合うので、使い勝手の良いカラーです。

その無機質な色合いから、シャープ、知的、都会的、モダン、といった印象を与えます。

グレーはネイビーと異なり彩度がなく、明度のみの無彩色と呼ばれる色です。

グレーのスーツ

一般的にスーツのコーディネートは色数が増えるとうるさい印象になりますので、3色あたりまでにまとめられることが多いです。無彩色という事は一色にカウントされませんので、シャツ、タイ、シューズ等の革モノに色を持ってきても色が増えないことが合わせやすさの理由です。

グレーの無地スーツ

無彩色を活かして合わせるシャツやネクタイをモノトーンにまとめるとモードな印象になります。

無彩色の特徴としては明度を上げて明るくなっても派手に見えない事です。

ネイビーを明るくしていくとブルーになり派手になりますが、ダークグレーを明るくしてライトグレーになっても派手さはありません。

グレーのカラー

ビジネスシーンではチャコールグレー、ミディアムグレー、ライトグレー、の3色のスーツを揃えておきましょう。濃い色ほどフォーマルな印象になり、明るい色ほどカジュアル感を出せますので、印象をコントロールするのに大変便利です。

特にビジネスシーンで人気なのがチャコールグレー。チャコールグレーの着こなしも是非参考にしてみて下さい。

スーツの定番色 | これがチャコールグレースーツ

オシャレな人こそ、グレー使いが上手とも言われます。グレー自体に主張がないので、その他のコーディネートのテクニックが際立つ魅力的なカラーです。

4. ブラックのスーツ

ブラックのスーツ

ブラックは主にフォーマルスーツとして使われることが多いです。

シャープ、モード、個性的、セクシー、といった印象を与えます。

最近ではブラックの無地はリクルートスーツやフレッシャーの定番カラーとも言えます。

本来ブラックのスーツはフォーマルの印象が強く、海外ではあまり着られることがないため、日本独自の文化といっても良いでしょう。

ビジネスシーンではブラックベースのストライプが使われることが多いです。フォーマル感を薄くさせるために、シャツやネクタイに色目を入れてあげるとよいでしょう。

デザイナーズブランドではスーツにもブラックの無地が使われます。ミニマムなイメージがあり、細身のスーツとモノトーンコーディネート、大胆な差し色などでモードな世界観を演出します。

5.ブラウンのスーツ

ブラウンカラーのスーツ

ブラウン系もスーツで使われることがあります。

ダークブラン~ブラウン~ベージュといった色が代表的です。

暖色系のもつ優しさや、安心感、ナチュラル、クラシック、といった印象を与えます。

ネイビー、グレーのスーツに比べると柔らかさがある色でカジュアルな印象に映ります。レディースではブラウン系のファッションが多いので、女性からも人気のカラーです。

ブラウンのスーツコーディネイト

サックスブルーや、ピンクなどのワイシャツとも相性が良く、シューズや革モノもブラウンをまとめてグラデ―ションを付けるコーディネートが主流です。

これらのことから現在ではビジネスカジュアルが主流のドレスコードが比較的緩い業界で着られることが多い色です。

スーツの色についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。スーツの色の印象を覚えると相手に与えたい印象をコントロールできることがお分かりになりましたね。

まず自分に似合わないという思い込みを外し、いろいろな色を揃えて守備範囲を広くする。次に色を選ぶ基準を自分ではなく相手に合わせる。たったこれだけでビジネス、パーティ、デート、いろいろなシーンにふさわしいスーツ選びに困ることはなくなります。ぜひご参考ください。

Back To Top