スーツの靴下は何色がいい?初級編から応用編まで

スーツの靴下は何色がいい?初級編から応用編まで

スーツに合わせる靴下は何色を合わせていますか?

自分から見えづらく他人から見えやすい靴下はコーディネートの印象を大きく左右します。

せっかく良いスーツとネクタイでも靴下の色があっていないと効果は半減…

そこで今回はスーツに合わせる靴下の色について解説します。

靴下の色合わせを知っていれば、スーツ全体の印象がぐっと良くなります。

「何を合わせたらいいかわからない!」というかたの為の初級編から、「もっとお洒落したい!」というかたの為の応用編まで、これを読めばスーツに合わせる靴下は完璧です。

1.初級編 靴下の基本は黒か同色

ビジネスシーンでの靴下はスーツと同色のものか、黒がいいでしょう。

スーツと同色の靴下は、馴染みが良く少し見えても自然にまとまります。

ネイビーのスーツにはネイビー系、グレーのスーツにはグレー系や黒などスーツ寄りダーク系を選びましょう。

また黒の靴下はどの色のスーツにも合います。フォーマル感が強く、ビジネスシーンから就活、冠婚葬祭まで幅広く着用出来ます。靴下の色選びに迷ったら黒を選ぶといいでしょう。

2.応用編 あえて色柄を見せる

オフィスカジュアルのスーツスタイルならば色の靴下で遊びを見せてもいいでしょう。

グレーのスーツにはワインレッドやネイビーの靴下で少し外し、ネイビースーツには同じく、ワインレッドやグレー系の靴下がおすすめです。

ブラウンの靴下はどのスーツにも相性がいいです。程よくアクセントにされたい方にはブラウンがおすすめです。

柄を見せる場合はスーツの柄とぶつからないようにしましょう。

柄の靴下を使う場合は小さな小紋柄かストライプのようにも見えるリブ織りになっているものがいいでしょう。

ストライプや大柄のチェックは靴下単品で見るとお洒落ですが、スーツに合わせると足元を強調し、浮いて見えてしまいます。

3.靴下選びはシーンで使い分けよう

スーツに着用シーンがあるように、靴下にも相応しいシーンがあります。

ここからはビジネス以外の各シーンについて相応しい靴下の色を解説します。

3-1就職活動

就職活動は身だしなみもマナーとされています。靴下は必ず黒を選びましょう。柄も基本は無地、もしくはリブ編み程度が好ましいです。

3-2パーティーシーン

パーティーシーンは服装が自由な場合が多いです。靴下の色柄で足元を華やかにするのもいいでしょう。ネクタイの色や小物と色を揃えると統一感が出てお洒落です

3-3冠婚葬祭

結婚式やお葬式はフォーマルな席です。失礼のないように必ず黒を選びましょう。また柄が入っている靴下は避け、必ず無地を選びましょう。

4.スーツに合わないNGな靴下

カジュアルには良くてもスーツスタイルに合わない靴下があります。ここではスーツに合わない靴下をについて解説します。

4-1白い靴下

白い靴下は学生のように見えてしまいます。昨今のカジュアルでは白ソックスが人気ですが、スーツには合いません。間違っても履かないようにしましょう。

4-2短い靴下

スニーカーソックスなど短いソックスはすね毛が見えてしまい、だらしない印象を与えます。夏場の暑い時期でも、すね近くまであるロング丈を選びましょう。

4-3厚すぎる靴下

厚手の靴下は野暮ったく、場合によってはみすぼらしく見えてしまいます。厚手の靴下はカジュアルには良いですが、ビジネスで着るスーツには合いません。

5.まとめ

いかがでしょうか。

・靴下の基本は黒か同色

・シーンによっては主張の少ない柄を足してお洒落にみせてもOK。

・色、短すぎ、分厚い靴下は避ける

これだけ覚えておけば、どんなスーツを着る時も靴下で全体の印象を悪くすることはありません。

また、靴下はスーツスタイルのなかで数少ないお洒落できるポイントです。

オシャレは足元からと言うように、毎日のお仕事だからこそ靴下にこだわってみてはいかがでしょうか。

靴下の色に迷ったら是非参考にしてみてください。

Back To Top