ワイシャツに訪れる寿命 | 買い替えのサインとは?

ワイシャツに訪れる寿命 | 買い替えのサインとは?

ワイシャツの寿命

仕事にシャツを着ていこうと思ったら洗ったはずなのに首元に黄ばみが残っている。

「まぁいいか。でも他人からは見えないところだし」

しかし汚れが大きくなってくると、「そろそろシャツの寿命かな?」と段々と気になってきます。

捨てるのはもったいないですし、シャツの寿命の判断って意外と難しいですよね。

シャツの寿命を正しく理解すれば、いつでも清潔な印象を保つことができます。

そこで、今回はシャツの寿命とそのサインから長持ちさせる方法まで解説していきます。

1. シャツの寿命はどれくらい?

ワイシャツ(ビジネスシャツ)の寿命はおおよそ1年~2年と言われています。

これは毎回着たら洗濯を繰り返すからです。

もちろん素材や仕立てによって差はありますが、通常シャツの寿命は1年ちょっと。

3年は着られるという話もありますが、3年目にはほぼ確実に何かしらのダメージがある状態で誤魔化しながら着ることになるので、1~2年で買い替えたほうが清潔な見た目を維持することができます。

2. シャツの買い替えサインは4つ

シャツの買い替えの目安とされるサインは大きく分けて4つあり、これらのどれか1つに当てはまったら買い替えです。

2-1 シャツの取れない汚れが広がってきた

シャツの襟汚れ

シャツの首回りや袖が黄ばみや黒ずみが取れずひどくなり、広がってきたら買い替えのサインです。

買ったばかりのシャツの黄ばみは洗剤やクリーニングで綺麗になりますが、繰り返し着ていると少しずつ繊維の奥に皮脂などの汚れが定着して取れなくなってしまいます。

この汚れはある程度は仕方がありませんが、徐々に広がっていくので、他人にみてもらって汚れが目立つようであれば買い変えましょう。

2-2 シャツの擦れやほつれなどのダメージ

シャツカフスの擦れ

腕時計との擦れや洗濯によるほつれで入ったダメージがあるシャツを着るのはビジネスマナーとしてNGです。

特に袖口は自分から見えづらく相手から見えやすいので、洗濯やアイロンの時にこまめにチェックするいいでしょう。

一部が擦れたりほどけると一気にダメージが広がるので、ダメージを見つけたらなるべく早く買い替えることをおすすめします。

2-3. シャツのシワやヨレが戻らない

襟とカフスにアイロンをかけてもハリが出ない場合はシャツの寿命です。

襟とカフスにはピシッとハリを出すために補強材が入っていますが、これが毎日の洗濯でよれよれになってしまうからです。

襟にのりをかけてハリを出すという方法もありますが、これは応急処置なのでなるべく早く買い替えた方が良いでしょう。

2-4. シャツの流行が終わってしまった

ピチピチのシャツ

デザインやサイズ感の面でも、買い替えの時期は訪れます。

シャツのデザインにも流行があり、流行が終わったデザインのシャツを着ていると時代遅れな印象になってしまうからです。

近年ではピタピタの細いシャツや2枚襟のシャツなどが該当します。

流行は徐々に終わるのでわかりづらいですが、もし「あの時買ったシャツ、最近カラバリが減ったなー」なんて感じたら危険です。

もし判断に困ったら店員さんに流行について相談してみるのもいいでしょう。

3. シャツの寿命を延ばす3つのポイント

シャツに寿命があるとはいえ、お気に入りのシャツ少しでも長く着たいものです。

そのためには以下の3つを普段から心がけることで、多少はシャツの寿命をのばすことができます。

3-1. シャツを洗濯ネットを使って洗う

洗濯ネットでシャツを洗う

洗濯ネットを使うことで、洗濯機で脱水するときに生地にかかる負荷を軽減することができます。

また、ただ入れるだけよりも畳んで入れた方がよりダメージは少なくなります。

3-2 着まわすシャツの着数を増やす

着まわすシャツの数

着数が増えることで、シャツを洗濯する頻度を減らすことが出来ます。

洗う回数が減ると、その分生地が休まるのでシャツが長持ちします。

3-3. シャツをハンガーに吊るして保管する

ハンガーに吊るすシャツ

長く使いたいシャツはハンガーに吊るして保管しましょう・

シャツを畳んだ状態で保管するとシワが入りやすいのはもちろんですが、そのシワの部分に負荷が掛かり生地を傷める原因になるからです。

また、クローゼットにぎちぎちに詰め込まず程よく間隔をあけて収納するのも大切です。

まとめ

シャツの寿命は1~2年

・取れない汚れの広がり

・ダメージがある

・衿とカフスのシワやヨレが戻らない

・デザインの流行が終わった

このどれかのサインに該当したら買い替えましょう。

是非シャツの寿命と買い替えサインを覚えて、お仕事でいつも清潔な印象をキープしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

オーダースーツとオーダースーツ店舗の選び方

Back To Top