老舗テーラーが解説 | オーダースーツのボタンの選び方

老舗テーラーが解説 | オーダースーツのボタンの選び方

オーダースーツのボタン何がいいか悩まれたことはありませんか?」実際お客様から「どれが合うの?」とよく聞かれます。そこで今回はボタンの種類・ボタンの選び方について解説していきます。

そこで今回は、ボタンの種類・ボタンの選び方について詳しく解説していきます。

1. ボタンの種類を覚えよう

オーダースーツのボタンは多くの種類があります。

ここでは代表的な3つについて解説していきます。

1-1 水牛ボタン

オーダースーツで最も多く使われているボタンです。

高級な素材とされる水牛ボタンは角の部分と一部の骨を加工させて作られています。長年使用しても風合いは変わりません。スーツをワンランク上に見せてくれます。

1-2貝ボタン

上品なツヤがあり、光沢感のあるスーツと相性がいいです。オーダースーツならではのボタンです。

貝から作られているので、強度が弱いデメリットがあります。クリーニング出す際はボタンを保護するといいでしょう。

1-3 ナットボタン

ヤシの実から作れたボタンです。

加工がしやすいので、カラーバリエーションやデザインが豊富です。少しカジュアルな印象になるので着崩したい時や単品ジャケットにおすすめのボタンです。

2. 生地とボタンの合わせ方

基本は黒やダークブラウンなどが好ましいです。特にダーク系のスーツは明るめだと浮いてしまうので落ち着いた色味がいいでしょう。明るめのスーツにはベージュ系など明るめのボタンを付けてカジュアルな雰囲気にしてもいいでしょう。

3. ボタンの組み合わせ例

ビジネスの基本であるネイビー・グレー・ブラックにおすすめのボタンを付けてみました。

それぞれの印象について解説していきます。

3-1 ネイビースーツ

ネイビーの無地のスーツにはダーク系のボタンが合います。落ち着いた大人の印象になります。

ネイビーのチェックスーツ。こちらは少し明るいベージュ系のボタンを合わせてみました。適度に崩したお洒落な雰囲気です。

3-2 グレースーツ

明るいグレーのスーツにはダークブラウンで崩した印象に。少しカジュアルに見えます。

グレーのストライプスーツには光沢のある貝ボタンでアクセントに。高級感が出ます。

3-3 ブラックスーツ

オーソドックスな黒のスーツには水牛の黒のボタンがいいでしょう。明るめの色はボタンが浮いてしまいます。

黒のストライプスーツ同系色のダークブラウンもいいでしょう。水牛の風合いが出ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。オーダースーツにおけるボタンは重要なポイントです。

ボタンによってもスーツの印象は変わってきます。ボタンを選ぶにはボタンの種類や色の相性をしっておくといいでしょう。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

Back To Top