【スーツは戦闘服】経営者が行きつけのテーラーを持っている理由

【スーツは戦闘服】経営者が行きつけのテーラーを持っている理由

経営者にとってスーツは戦闘服と言っても過言ではありません。

毎日あらゆるところでスーツ姿を見られています。

仕事の時はもちろん、ホテルや空港、接待のお店、クラブなどでも

「いつもオシャレなスーツをお召しですね。どこで仕立てているんですか?」とほめられることもあるでしょう。

「スーツは既製品でいいかな」とお考えの方に、なぜ成功している経営者の多くは行きつけのテーラーでスーツを揃えているのか?その理由をご紹介します

次のスーツ選びの際に、長く付き合えるテーラーを探してみてください。

1. なぜ経営者はスーツを着るのか?

経営者は会社の顔。クライアント、取引先、銀行、役所、会合、メディア、毎日様々なところで多くの人から見られています。

人の印象は3秒で決まるというメラビアンの法則があります。いくらカジュアル化が進んだとしてもタイドアップしたスーツスタイルの印象に勝るものはありません。

初対面の人に見た目で信頼や印象を下げないためにも、経営者はシーンにふさわしいスーツを着ます。

スタイリングの自己プロデュースも良いのですが、本業に集中するためにはやはりプロに任せたいところ。

ビジネスの成功にふさわしいスーツを仕立ててもらうため、行きつけのテーラーを利用している経営者がたくさんいるのも理にかなっています。

2. 経営者が着るスーツの価格目安は?

最低10万以上のスーツが経営者にふさわしいスーツの価格です。スーツの品質は生地と縫製で決まります。

とある大手企業の新入社員は7万以上のスーツを着ることを義務付けられています。新入社員であっても、会社を代表して得意先に失礼の無いようにという考えだそうです。

価格でスーツの良しあしが決まるわけではありませんが、7万円以上になると生地、縫製は最低限をクリアしていますので、価格は一つの目安になります。

経営者が5万円のスーツを着て、来社した取引先の新入社員や、自社の社員のほうが良いスーツを着ている、というケースは避けたいところ。

社員の憧れである社長のスーツが安物だと、社員のモチベーションも下がってしまいます。

経営者にふさわしいスーツを既製品から価格で探すと、サイズやデザインを妥協する箇所も。この価格だから仕方がないかと諦めなければいけないかもしれません。オーダースーツであれば価格、サイズ、品質、と最適なスーツを即座に見つけることが出来ます。

3. 経営者が着るべきスーツのサイズは?

必ずジャストサイズのスーツのサイズを選んでください。

どんなに高いブランドスーツであってもサイズが合っていなければよいスーツに見えません。

体に合っている=自己管理が出来ていると見えるので信頼感が増します。流行に左右されてしまう極端に細身のスーツや、楽だからという理由でオーバーサイズのスーツを選ぶのはやめましょう。

完璧なサイズでありながら、時代性、職業にふさわしいスーツは、行きつけのテーラーで見つくろってもらえば安心です。

4. 経営者が見られているスーツのケア

素材、縫製、サイズがばっちりのスーツが手に入ったら、ケアをしながら着ることが大事です。

シワだらけのスーツでは信頼を得ることが出来ません。とはいっても、スーツを着ていればシワは当然入ります。必要以上に神経質になるのではなく、朝パリッとケアされた状態であれば、夕方頃に入るシワは自然に見えます。

それには1日着たらブラッシングとスチームにでしわを取ります。センタープレスが抜けたらアイロン、とたったこれだけです。クリーニングはシーズンに年間に1回ないし2回が理想なので、毎日のケアが重要です。

5. 経営者らしいコーディネート

良いスーツをきちんとケアして着ていても、全身のアイテムに手を抜くとスーツの良さも半減してしまいます。

シューズの目安は5万~、シャツは2万~、ネクタイは1万~、とスーツに合う上質なものをジャストサイズで揃えていきましょう。

派手なブランドは必要ありません。素材とサイズに注目することが大切です。

6. 行きつけのテーラーを見つけよう

経営者にとって生涯の付き合いになる行きつけのテーラーを持つとメリットがたくさんあります。

行きつけのテーラーでスーツの好み、サイズの好み、着用シーン、仕事内容、趣味、などを話をすれば、知識豊富なスタッフがふさわしいオンリーワンのスーツを提案してくれます。

毎回違うお店の既製品を買っていると、サイズもコンセプトもバラバラになってしまいます。

体型の変化も自己管理として見られることでしょう。定期的にテーラーに通って採寸してもらうことで体型のわずかな変化に気づくことができ、生活習慣の見直しにもなります。

仕事に集中するためにも、スーツは行きつけのテーラーにお任せするのが一番コストパフォーマンスも高くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日着るスーツはビジネスにおける戦闘服です。行きつけのテーラーでオーダースーツを作り続けることがコストパフォーマンスを考えてもメリットが多いことが分かりましたね。

スーツに気を使うことで会社が良くなり、業績が上がればこんなに安い投資はありません。

ぜひご参考になれば幸いです。

Back To Top