• TOP
  • About Zegna
  • ゼニアとは

About Zegna

ゼニアとは

ゼニアとは…?
本ページではゼニアとは何なのか?生地が有名なのか?
それともスーツが人気なのか?ゼニアついてわかりやすくまとめています。

「ゼニア」とは?

「ゼニア」の正式名称は Ermenegildo Zegna
(エルメネジルド・ゼニア)イタリアを代表する世界的ファッションブランドの名前です。


「エルメネジルド・ゼニア」のブランド名で、ゼニアのショップは 80 以上の国・地域において 555店舗にのぼり、日本国内でも伊勢丹、三越、阪急などの有名百貨店内や銀座や新宿の路面店など 23箇所にあります。

ゼニアショップではスーツを中心にジャケットやシャツなどをはじめ、ベルトやシューズ、バッグなどのレザー製品も手がけています。

このように、今では高級ファッションブランドとして有名な「ゼニア」ですが、もとは生地メーカーとして 1910 年に発祥しました。

ゼニア社はオーストラリアから最高級の天然繊維を買い付け、自社工場にて紡績、染色、仕上げまで一括管理。1950 年には当時圧倒的に強かった英国生地をしのいで販売数・品質ともに世界一の座に登りつめました。

最高品質の生地メーカーとして世界にその名を轟かせたゼニアは、「アルマーニ」「キトン」「エルメス」「ヒューゴボス」「ラルフローレン」「ブリオーニ」「トムフォード」などのトップブランドに生地の供給を始めます。今では高級紳士服のおよそ 30%はゼニアの生地で作られ、ゼニア社が世界の繊維業界を牽引しています。

ゼニアのスーツは世界のエグゼクティブから絶大な信頼を得て、国家元首をはじめ、世界中の実業家、芸術家、俳優、スポーツ選手などハイクラスの人々が愛用しています。

ゼニアのスーツの価格

国家元首や有名人が好むゼニアのスーツ、クオリティーの良さは言うまでもなく最上級クラス。そうした方たちが着用する高品質のゼニアスーツの価格ですが、当然のことながら安くはありません。

ゼニア社の公式サイトによるとスリーシーズン用のゼニアトロフェオスーツが税込価格 418,000円(2021 年 7 月現在)です。

アルマーニ、トムフォード、ラルフローレン、キトン、ボス、エルメス、ブリオーニなど高級ブランドスーツの価格もおおよそ 30 万~40 万円前後が相場です。

中でもゼニアのスーツは他のブランドよりも人気があり売れ続けています。

どうしてゼニアのスーツは世界のビジネスマンから永く支持されているのか?それには明確な理由があります。

ゼニアのスーツが
⾼額でも売れる2つの理由

世界のビジネスマンがゼニアのスーツを買い続ける理由は2つあります。

その理由はゼニアのスーツが持つ『生地』と『スタイル』です。

3-1⾼品質のゼニア⽣地を使⽤

ゼニア社はとにかく生地の品質にこだわります。最高級の天然繊維をオーストラリアから買い付け、厳選をかさねた希少なウールだけを使用して生地を織り上げます。

こうしてこだわり抜いて作られた生地は、上質さが一瞬でわかる上品なツヤとなめらかな触り心地を携えています。

そして、ファッションの聖地イタリアでデザインされた色柄は遊び心がありおしゃれ。時代に合ったトレンドをうまく組み合わせて、羽織るだけでその人をスタイリッシュに見せてくれます。

心地よく着られて、上質なものを身にまとっているのが一目でわかる。世界のビジネスマンから愛用される理由がここにあります。

前述のアルマーニ、トムフォード、キトン、エルメス、ヒューゴボス、ラルフローレン、ブリオーニなどスーパーブランドのほとんどがゼニアの生地を使用。

こうしたブランドにゼニアの生地が使用されていても各ブランド名に隠れて表には出てきません。しかし、ゼニアが世界の高級ブランドを牽引しているのは間違いありません。

3-2ゼニアスーツの美しいスタイル

ゼニアは 1972 年にオーダーシステムである「ス・ミズーラ(あなたのサイズに合わせて)」を開始。ス・ミズーラにはイタリアの地名を冠したラインが用意されています。代表的な 5 つをご紹介します。

クラシコライン
ゼニアの主流ラインで、全体的にかっちりとクラシックな趣で時代に左右されにくい
フィレンツェライン
クラシコラインよりもウェストの絞りの効いたシャープなシルエットが特徴
ローマライン
1980 年代に中心となったモデルで肩幅がやや広くオーソドックスなライン
トリノモデル
ややボリュームのある肩バッド、胸板を強調し、ウェストの絞りを大きくしたグラマラスな型
カプリライン
肩わたや裏地を極力使用しないアンコン仕立て。芯地も極薄で軽量さをアピールした春夏モデル。

どんな体型の方でもおしゃれに着こなせるように、柔らかな肩のラインと程よくシェイプの効いたシルエット、着心地を意識した縫製が高い次元で融合されています。

ゼニアの⽣地は他メーカーとどこが違うのか?

見た目、触り心地、高級感、上品さ、清潔感、軽さなどゼニア生地の特徴を挙げれば、これだけの形容する言葉が出ます。中でも特に強調したいのが次の 2 つの特徴です。

4-1ゼニア⽣地の 2 つの特徴とは?

1つ目の特徴は「ツヤ」です。生地表面にはツヤツヤとした上質な光沢があります。これは羊毛の脂(あぶら)に光が当たって浮き出る光沢で、羊毛の品質が良くないと出ません。

2つ目は高級生地特有の「ヌルッ」としたさわり心地です。ウール100%でありながらまるでカシミヤのようなソフトな触感です。

このツヤとさわり心地を生み出すためにゼニア社は非常にぜいたくな原料の厳選をしています。

オーストラリアの契約農場から買い付けた羊毛から『脇と肩』の高品質の部分だけを使用し、その他の部分は使わないのです。例えるなら、”羊毛の大トロ”だけを使用する徹底ぶり。他メーカーが真似できないほどムダも多くコストもかかった選定方法が、最上級のツヤを生み出しています。

4-2耐久性を⽣み出す“クリンプ”とは?

糸もただ単に細さだけにこだわるのではなく、長さ、色、密度、引っ張り強度などを細かく検査して、自社の基準に合ったものだけを使用します。

ゼニア社が特にこだわるのが、生地の弾力性や耐久性を生み出すクリンプ(波状のちぢれ)です。細くても弾力性に富んだクリンプを含んだ糸を使用すれば柔らさかと適度なハリが出ます。

他メーカーでも極細糸を使用した柔らかな生地はありますが、糸が細いだけでコシがありません。こうした生地でスーツを作ると型崩れを起こします。

「イタリア製スーパー◯◯」と書かれていても着心地や耐久性がイマイチだったのは、これが理由です。

こうしたゼニア社の徹底したこだわりが他メーカーとの生地品質の差を生み出しています。

ゼニアの豊富な⽣地の種類

ゼニアの生地コレクションは定番生地が 300 種類、シーズンごとの新作生地が 150 種類、合わせて450 種類が毎シーズン発売。

すごい量ですが、これらは日本向けのコレクション数です。世界で発売される品種数の合計は軽く3,000 種類を超えます。これは他メーカーの5倍以上という圧倒的な量です。

これまでゼニア社は 100 年以上にわたって「トロフェオ」「トラベラー」「15 ミルミル」など色々な種類の生地を作り続けてきました。

これらの生地シリーズの「着用可能季節」「生地の特徴」を順にご紹介します。

Trofeoトロフェオ

着用可能時期

春・秋・冬
(夏を除いたスリーシーズン)

「ゼニアといえばトロフェオ」と言われるほどで、ゼニア生地でもっとも有名です。トロフェオは春と秋の年に2度発売され、ゼニアを代表する生地だけにコレクションの量は最多です。無地をはじめ、ストライプやチェックなどの柄物がラインアップ。

トロフェオはオーストラリア産の最高品質の原料から作られます。生地の特徴は、しっとりと滑らかな手触りと生地表面のツヤツヤとした光沢です。1m あたり 230g~240g と軽量なので夏を除いたスリーシーズンに着ることが可能です。

このトロフェオで作ったスーツを一度着ると、他のスーツが着られなくなると言われるほど着心地は快適。大事なお客様との商談、プレゼン、ビジネスシーンでの普段使い、面接、各式典など多くのシーンで活躍します。指名買い、リピーターが多いのもこの生地です。

極細の糸を使用しているので激しい業務をされる方には向きません。重い荷物を運ぶ、スラックスが傷みやすい方は後述のエレクタなどの丈夫な生地がおすすめです。

Travellerトラベラー

着用可能時期

春・秋・冬

ゼニアの名前よりも有名なのがこの「トラベラー」。他生地メーカーからもこのネーミングの生地が発売されているので、耳にしたことがある方も多いはずです。

「トラベラー」というネーミングは「トラベル」からで、その名の通りに旅行や出張に最適な生地です。出張先でシワになった上着を一晩ハンガーにかけておけば、翌朝にはおおよそ元の状態に回復。防シワ加工を施した出張用のスーツ生地です。

シワが元の状態に回復するのは、強く撚ったダブルツイスト糸(双糸・・・2 本の糸を1本に撚ったもの)を使用し、生地に織り上げる段階で防シワ・摩擦加工を施しているからです。

マイナスポイントとしては、生地表面のツヤが少なくマットな見た目であることと、さわり心地がトロフェオよりもやや硬めであることです。
1mの重さは 280~290g に軽量。春と秋と冬に着られる厚さで使用頻度が高いスーツです。

15milmil1515 ミルミル

着用可能時期

春・秋・冬

正式名称は「15milmil15」、クインディッチミルミルクインディッチ。一般的には 15 ミルミルと呼ばれます。ゼニア生地の中では最高級素材です。

15 ミルミルはまるでシルクのように繊細でしっとりとしたさわり心地。極細糸ながらハリとコシを持ち合わせています。シワになってもスチームをあてるだけで簡単に元どおりです。

15 ミルミルに使用しているクラスの極細糸は希少性が高いです。ゼニア社の高品質のオーストラリアンウールの独占的な仕入れと、100 年以上の長きにわたり培った生地製造技術によって、15 ミルミルは作られています。

15 ミルミルに使用しているクラスの極細糸は希少性が高いです。ゼニア社の高品質のオーストラリアンウールの独占的な仕入れと、100 年以上の長きにわたり培った生地製造技術によって、15 ミルミルは作られています。

繊細な生地だけに耐久性はやや低く、シワが気になる方には不向きです。しかし、「最上級のスーツが着たい」「大事なプレゼンで」「学会の発表で着る」という方にとってこれ以上のスーツはありません。間違いなく『外見をアップしてくれるスーツ』と言えます。

Traveller Silkトラベラー シルク

着用可能時期

オールシーズン

「トラベラー」にシルクを加えた「トラベラーシルク」ウール 90%、シルク 10%の混率。わずか240gと軽量。

トラベラーシルクとトラベラーとはまったくの別物と言っていいでしょう。トラベラーの生地の表面はマットですが、トラベラーシルクには艶やかな光沢が広がっています。触感もサラリとなめらか滑らかで、春先や初秋に着るには最適の素材です。

マイナス点としては、シルクを入れたことでツヤが出たのですがシワになりやすいです。ゼニアの生地が初めての方には、おすすめしません。

とはいえ、ゼニア直営のショップでは例年シルク入りのスーツが数多くラインアップされています。生地の光沢、触り心地、生地のハリなどをご自身でご確認ください。

Trofeo 600トロフェオ 600

着用可能時期

オールシーズン

トロフェオにシルクを 15%ブレンド、生地の重さは超軽量の 190 グラム。

「600」という数字は使用しているシルクの糸の細さです。極細糸を使用することでトロフェオよりもきめの細かな柄を作ることが可能です。

ビジネスにもフォーマルにも使える光沢のある生地がラインアップされており、オールシーズンを通して着用できるというのも魅力的です。

マイナスポイントとしては、シルク混なのでシワになりやすいです。また、コレクションの数も少なめです。

ELECTAエレクタ

着用可能時期

秋・冬

1929 年に登場したゼニアのロングラン商品で、シワのなりにくさと耐久性を備えた秋冬の定番素材。しっかりとした糸のハリが生地に復元力を持たせるので、エレクタのスーツはシワになりにくいと定評があります。

スーパー110 クラスの糸を使用し、1m 当たりの重さは 330g~340gとしっかりした重量。生地表面の毛はクリアカットされて高級感のあるツヤを生み出しています。

手ごろな価格設定と丈夫さがセールスポイント。ゼニアが初めての方や、せっかくのゼニアのスーツを長く着たい、長持ちさせたいとお考えの方には最適です。

太い糸を使用しているのでやや重たくはなるのですが、ということと、バリバリ働くビジネスマンには高級感と耐久性を兼ね備えたおすすめの生地です。

14Milmil1414 ミルミル

着用可能時期

秋・冬

正式名称は「14milmil14」、クワトロディッチミルミルクワトロディッチ。14 ミルミルと呼ばれています。紡毛(ぼうもう)糸を使用した起毛生地で、秋冬専用。着用時期は 10 月半ば~2 月末まで。毎年の生産量が極めて少ないことで有名な希少価値の高い生地です。

14 ミクロン(1 ミクロン=1000 分の 1mm)の超極細糸を使用。人間の髪の毛の直径が 50 ミクロンであることを考えると、いかに細いかがわかります。ウール 97%、カシミヤ 3%の混率で、1m 当たりの重さは 280g と軽量です。

生地の表面を軽く起毛させて、赤ちゃんの肌のようにサラサラとしたやわらかなさわり心地を生み出しています。上質なさわり心地は他メーカーでは実現できないレベルといえます。

クラシカルなストライプとチェック柄が中心で、トレンドをおさえたラインアップ。

マイナスポイントは、カシミヤに近い極細糸を使用するので耐久性があまり高くないこと。お尻が破れやすい方、運転される方やタクシーをよく利用される方はスラックスの擦れに注意が必要です。

Trofeo Cashmereトロフェオ カシミヤ

着用可能時期

秋・冬

トロフェオにカシミヤをブレンド。ウール 95%、カシミヤ 5%。混率の 95%を占めるウールにはトロフェオの高品質な原毛を、残り 5%には世界最高品質のカシミヤを贅沢に使用しています。

カシミヤが混合されてふんわりとソフトなさわり心地。生地表面は毛がクリアカットされてトロフェオ並みの光沢があります。

トロフェオに比べて生地コレクションの数が少なめですが、スーツ以外のジャケットやスラックスの素材として幅広く使われています。

HERITAGEヘリテイジ

着用可能時期

夏と冬

ヘリテイジは、ゼニア社が創業以来開発してきたファブリックコレクションブックと、エルメネジルド・ゼニア氏のワードローブから 1930 年代のデザインをピックアップし、現代風にアレンジした生地です。

クラシカルな雰囲気を意識して作られたヘリテイジは、1930 年代と同じダブルツイストやトラディショナルフィニッシュを施すなど、当時の色柄を再現。今のトレンドにピッタリの色柄と触り心地です。

着用期間が 12 月~2 月いっぱいまでとやや短かめなのと、残念ながら近年はコレクション数が少なめです。

CoolEffectクールエフェクト

着用可能時期

太陽光を 80%反射、表面温度を 10 度下げる機能性生地として登場。ファッション誌に掲載された途端、爆発的人気となり品切れが続出した夏用のスーツ生地。

生地の染めと仕上げの段階で特殊なトリートメント加工を施すことによって、夏のギラギラと照りつける太陽光の約 80%カット。これによりスーツの表面温度を約 10 度(ゼニア社実験により算出)下げることに成功。

他メーカーの機能性をうたう生地にありがちな人工的な風合いはまったく感じられず、良質でしなやかな風合いです。

マイナスポイントは通気性を重視した夏用の薄い生地なのでシワになります。ただこれは夏用であればどのメーカーの生地でも同様です。また、トロフェオのように生地表面に光沢はありません。

ゼニアの夏のスーツならこちらがおすすめです。2010 年の登場以来、暑さを感じさせない夏用スーツの定番として人気です。

High Performanceハイパフォーマンス

着用可能時期

スーパーファイン糸に強い撚りをかけた強撚糸を使用することで、夏でも快適に過ごせるようなサラッとしたさわり心地を実現しています。

ナチュラルストレッチの機能が加わり、タイト目でも動きやすいスーツの製作が可能です。

マイナスポイントは、梅雨時の湿度が高い時期にはやや生地表面が波打ちます。また、生地コレクション数がやや少なめです。

High Performance Linenハイパフォーマンス リネン

着用可能時期

ハイパフォーマンスにリネン(麻)を加えた、清涼感のある夏物生地シワになりにくいと評判のハイパフォーマンスに10%のリネンを混紡。見た目も触り心地も清涼感があります。

シワになりやすい麻の混紡ですが、強撚糸を使用したハイパフォーマンスと組み合わせることによって、シワが目立ちません。

真夏にスーツを着るには最適で、ネクタイなしのクールビズスタイルにもぴったり。

Jaspeジャスペ

着用可能時期

何種類もの異なる糸を撚り合わせた不思議な色合いが特徴です。ウール 100%ですがウール・シルク・リネンの混紡させた見た目で独特の雰囲気があります。

夏用スーツ向けの平織りのトロピカルジャスペと綾織のトラベラージャスペがあります。それらに加えてジャケット地のジャスぺも登場。

Stille Liberoスティールリベロ

着用可能時期

「スティーレ・リベロ」はフリースタイルを意味します。強撚糸とライクラを掛け合わせています。ライクラは伸び縮みする化学繊維で伸縮性があって動きやすい夏生地によく使われる素材です。

生地はレトロな雰囲気でカジュアルな着こなしに向きます。ストレッチの効いた夏用スーツ素材のスティーレリベロ、コレクション数はやや少なめですが夏用スーツとしてラインアップ。

Amezingアメージング

着用可能時期

強く撚った細糸をタテ糸ヨコ糸に使用した夏用の薄い生地。生地表面はクリアカットされてサラサラとなめらかな肌ざわりです。

平織りと綾織りの2つのタイプがあります。どちらも程よいストレッチが効いているので動きやすく快適。またクールエフェクト加工が施されおり、夏でも涼しく着られます。

Cashcoカシコ

着用可能時期

オールシーズン

高品質のカシミヤとコットンをブレンドした生地。カシミヤのソフトな風合いと綿を組み合わせることでカジュアルさと上質な風合いを感じられる素材です。通常の綿のパンツよりもソフトで履きやすいです。

一年を通して着られる贅沢なカジュアル素材です。カジュアルパンツ生地としてよく選ばれます。

Loopループ

着用可能時期

夏と冬

生産途中で発生する余剰の原毛を集めて生産された生地です。さまざまな高品質の原毛が混ざっているので上質な肌ざわりと上品なツヤがあります。

色柄はクラシカルな雰囲気のものや目を引くものが多く人気があります。昨今の環境に配慮した素材といえます。夏と冬の両方に発売されます。

初めてのゼニアスーツ、
どれを選べば?

ゼニアの生地、これだけ多くの種類があるとどれを選べば良いのかわからなくなります。

そこで、初めてゼニアスーツを購入する方におすすめ生地を 2 つピックアップします。

6-1おすすめのゼニア⽣地「トロフェオ」

さわり心地、出来映え、質感、どれをとっても最上級のスーツ。トロフェオで作ったスーツを一度着てしまうと、他のスーツが着られなくなるほど着心地は快適です。

ビジネスシーンでの普段使い、大事なお客様との商談、プレゼンなどどんな場面でも使えるので必然的に出番が多くなります。トロフェオを選んで後悔したという話を耳にしたことがありません。お客さまの満足度の高い商品と言えます。

トロフェオはコレクション数が多いのもおすすめのポイントです。色彩センス抜群のイタリアならではの色柄が豊富にあります。

夏を除いた長い期間で着用できるゼニアの代表生地「トロフェオ」がおすすめです。

6-2おすすめその2、ゼニアの「エレクタ」

シワのなりにくさと耐久性を備えた秋冬の定番素材のエレクタです。

しっかりとした糸のハリが生地に復元力を持たせるので、エレクタのスーツはシワになりにくいと好評。また、生地表面は高級感のあるツヤもあります。

エレクタは、手ごろな価格もセールスポイント。ゼニアが初めての方にはおすすめです。

10 月から年を越した 4 月の春先まで、長期の着用が可能です。

6-3おすすめその3、
ゼニアの「クールエフェクト」

最後は夏生地からのおすすめ。太陽光を 80%反射、表面温度を 10 度下げる機能性生地として人気のクールエフェクトです。

生地の染めと仕上げの段階で特殊なトリートメント加工を施すことによって、夏のギラギラと照りつける太陽光の約8割をカット。不快な暑さを和らげてくれます。

ゼニアの夏のスーツならこれです。2010 年の登場以来、夏の定番商品として売れています。

6-4最後におすすめしたいのが
ゼニアの「15 ミルミル」

ご予算に余裕がある方には、「15 ミルミル」という選択肢もあります。

トロフェオよりも質感がさらにグレードアップした超高級生地です。ゼニアショップでは 40 万円の高価格で販売。

「最上級のスーツが着たい」「大事なプレゼンで着る」「学会の発表で」という方にこれ以上のス ーツはありません。間違いなく着る人の外見をアップしてくれます。

豊富なゼニアの生地コレクションですが、上記もぜひ参考にしてお選びください。

ここまでで、「ゼニアショップ」とゼニア生地を取り扱うオーダー店の違いは?」と思われている方もいらっしゃると思います。

次は、「ゼニアショップのスーツ」と「オーダー店のゼニアスーツ」についてお話しします。

ゼニアスーツを⼿に⼊れる
2 つの⽅法は、
「ゼニアショップ」と
「ゼニア取扱いオーダー店」

ゼニアは、もともと生地メーカーとして発祥し、1968 年にトータルファッションブランド「エルメネジルド・ゼニア」を立ち上げ、スーツやジャケットの既製品を作り始めました。

こうしてゼニア社には、ゼニアショップを展開する「プレタ部門」と、従来通りゼニア生地を取り扱う「生地部門」と、の2つが存在することに。

ゼニアのプレタ部門は世界の富裕層をターゲットに、路面店や有名百貨店内に「高品質」「高価格」といったラグジュアリー感を演出した店舗展開をしています。

一方のゼニアの生地部門はアルマーニに始まり、トムフォード、キトン、エルメス、ヒューゴボス、ブリオーニなどのトップブランドに生地を提供しています。

またゼニアの生地部門はオーダースーツ店にも生地を供給。限られたオーダー店を「ゼニア公認店」として認定しています。

ゼニアのスーツを手に入れるには、ゼニアショップで購入する方法と、ゼニア社公認のオーダー店で注文して作る方法の2通りです。

どちらの方法であっても、今までのスーツで味わったことのない満足感を得ることができます。

最後に

ゼニアとは何なのか?生地が有名なのか?それともスーツが人気なのか?についてお話してきました。

ゼニア生地の良さのすべてをお伝えしようとしましたが、文章ではうまくご説明できなかったかもしれません。ただ、これだけは言えます。ゼニアの生地が世界で一番優れているのは間違いありません!130 年間オーダー店を営んできた当店が保証いたします。

スーツを購入の際には、ぜひゼニア生地を使ったスーツをお選びください。心よりおすすめいたします。