スーツのサイズ直しはどこまでできるのか?シルエットも変えられる?

スーツのサイズ直しはどこまでできるのか?シルエットも変えられる?

体重が増えてウェストがきつくなった。

筋トレでダイエットに成功してスーツがブカブカに。

このように体型が変わったことで洋服が着られなってお問合せをいただきます。

また、サイズの変化以外にも、昔のスーツを今風に変えられますか?というご質問もいただきます。

「洋服をどこまで大きくできるか?小さくできるか?」は一般の方がわかりにくい部分です。

そこで今回は、どこまで修理できるかを洋服を熟知したオーダースーツ専門店が詳しくお伝えします。

1.「サイズは何センチまで直せるの?」

サイズ直し 修理 ウェスト

お客様の体重に変化があった場合、よくお直しするのが上着よりもスラックスです。

お太りになると、お腹やお尻まわりやももまわりに脂肪がついて大きくなってきつくなります。

反対に、痩せた場合には先ほどの3つ箇所が細くなるのでダボついた感じになります。

上着は5キロぐらいまでの体重の増減であればそれほど目立ちません。体重の増減でバストサイズにそれほど変化がないからだと思われます。

それでは、太ってしまった場合のお直しと、痩せた場合のお直しに分けてご説明します。

2. お太りになった場合 ー スラックス

既製品のスラックスのウェストは3センチピッチ。79cm、82cm、85cm、88cmという間隔です。

スラックスには通常約3cmの縫いしろがあるので、82cmの既製品であれば85cmまでは出せることになります。

言い換えると、86cmになったら直せない可能性もあるということになります。

2-1. 体重が1キロでウェストは1センチ増減

体重が1キロ増えるとウェストはおよそ1cm大きくなります。

ウェスト82cmだった人が3キロ太ると、3cm増えて85cmです。

3センチ増えるとウェストはきついし、チャックもなかなか閉まりません。

この状態で無理に履いていると生地が横に引っ張られます。脇のポケットもパカっと不自然に開きます。下手をするとスラックスのホックやチャックを傷めます。

以下は実際にスタッフが太ってしまった際のレポートです。ご参照ください。

修理料金(税込価格)※詰める場合も同価格

■ウエスト4㎝まで ¥3,300
■ウエスト5㎝以上 ¥5,500 ※こちらはウエスト詰め限定です。
■ヒップ ¥5,500
■モモ ¥4,400
■ヒザ ¥3,850

2-2. お太りなるとウェスト以外も大きく

お太りになって大きくなるのはお腹だけではありません。

大幅に太られた方はウェストだけでなくヒップまわりやモモまわりも均等に大きくなります。立っている時は我慢できますが、座るとお尻とモモまわりがパンパンに。見た目も窮屈で、座った時に破れてしまうことも。

大幅に太られた場合は、ウェストだけではなくヒップまわりやモモまわりも同時にお直しすることをおすすめします。

スラックスの正しいサイズを知っておくことも大切です。下記もご参照ください。

3. お太りになった場合 ー ジャケット

上着の直しは胴まわりです。ウェストサイズに対して上着の胴まわりが小さい場合、ボタンを留めると引っ張られたシワが出ます。

この状態では見た目も窮屈そうですし、実際に座った時などに苦しさを感じるでしょう。

上着は直す必要がない場合もありますが、写真のようなシワ出る場合には出したほうが良いですね。(縫い代の有無による)

必要な場合はバスト周りを直すことも可能です。

修理料金(税込価格)※詰める場合も同価格

■胴回り出し詰め ¥6,600
■着丈直し(1~2㎝迄) ¥8,800
■袖丈直し(左右両方) ¥6,600
■バスト直し ¥5,500

4. お痩せになった場合 ー スラックス

体重が減ると、スラックスのウェスト部分に写真のような隙間ができます。

また、お尻やモモまわりの脂肪がなくなったことでヒップやモモまわりもダブつきます。

体重が2キロ減程度でしたらウェストだけのお直しだけでOKです。ヒップやモモまわりはそれほど変化がないからです。

ただし、5キロ前後の大きな体重減はウェストとヒップまわりとモモまわりの3箇所を直す必要があります。

5キロ以上痩せられた場合は既製品サイズで2サイズほど変わることになります。直して着れないことはありませんが、シルエットが崩れたり見た目に不自然になります。スタッフに相談しましょう。

5. お痩せになった場合 ー ジャケット

2〜3キロ程度の体重減であれば上着がゆるいのはそれほど目立ちません。5キロ以上の体重減でウェストまわりを詰めます。

お店のスタッフに相談して直すかどうかをお決めください。

6. 以前のスーツを今っぽくしたい

シルエットを変えることもできます。

例えば、10年ほど前の裾口が広めのゆったりとしたスラックスを、最近の膝から裾口にかけて細く直したい場合です。

こうしたお直しも可能です。

ただし、ご希望される出来上がりイメージとの相違や縫い代の有無によって難しい場合もあります。ご相談ください。

※こちらのお直しは直す箇所によって価格が違います。お問い合わせください。

まとめ

どれぐらい体重が変化されたかで直し方が変わってきます。どこをどう直せば良いのかを自分で判断するのは難しいでしょう。

お店のスタッフに採寸してもらった上で、スーツと今のサイズとを比べてどれぐらいの差があるかを見てもらいます。

それをもとにしてどこの部分を直すかを決めていきましょう。

お直しが難しい場合や、あまりにも古いスーツの場合は、買い替えのサインかもしれません。下記もご参照ください。

 

修理依頼をご要望の方は事前にご予約ください

Back To Top