スーツ×ベストの着こなし術 | 選び方とコーディネート

スーツ×ベストの着こなし術 | 選び方とコーディネート

スリーピースのベストとは?

近年ベスト付きのスーツであるスリーピーススーツの需要が高まっています。

結婚式やパーティーなどのシーンで、ベストを着てみたいけど着方が分からず結局普通のスーツに…そんな経験はありませんか?

しかし、ベストの選び方とコーディネート覚えていれば、ベストの着こなしはかっこよく決まります。

今回は知って得するベスト付きスーツの着こなしについて解説していきます。

1. スリーピーススーツ(ベスト付きスーツ)とは?

スリーピースベスト付きスーツとは

スリーピーススーツとは、ジャケット、ベスト、スラックスの3点を同じ生地で仕立てたスーツのことを指します。

日本のビジネスシーンではジャケットとスラックスのみのツーピーススーツが主流ですが、元来英国ではスーツとはスリーピーススーツのことを指しました。

日本ではジレと呼ぶこともありますが、こちらはフランス語なのでベストと同じものです。

近年のスーツはクラシックなスタイルが人気の傾向にあるので、スリーピーススーツに注目が集まっています。

2. ベストの種類

まず、ベストを着こなすためにはベストの種類とイメージを把握しましょう。

ベストには代表的な3つの種類があります。

2-1 シングルベストエリなし

    シングルベストエリなし           

一番シンプルなデザインで、TPOを選ぶことなく着まわすことが出来ます。

ベスト初挑戦の方はまずここからトライすることをおすすめします。

2-2 シングルベストエリ付き

シングルベストエリ付き

襟の着いたベストは華やかでクラシカルな印象になります。

衿付きのベストはトレンドとTPOに左右されやすいので、パーティーなどには向いていますが、お仕事使いには注意が必要です。

2-3 ダブルベスト

ダブルベスト

フロントがダブルになっているベストはお洒落度がグッと上がる分、着こなしの難易度も跳ね上がります。

インパクトがあるので若手のスーツには不向きですが、貫禄が出るので管理職などのスーツには使えます。

とても個性的なので、ベストを数着持っている人が普段と印象を変えるのにおすすめです。

3. ベストの選び方

ベストの着こなしにおいてはサイズ感が最も重要です。

ベストのサイジングはジャストサイズ1択です。

大きすぎはもちろんですが、小さすぎてもベスト特有のクラシカルで威厳のある雰囲気が下がってしまいます。

ベストを選ぶときは、以下の3つのポイントを心がけましょう。

3-1 ベストの胸周り

胸周りで選ぶベスト

ベスト選びの失敗の原因はほとんどが胸周りです。

画像左は一番上のボタンの周りにシワがよってしまっています。

ジャケット以上に体に張り付くようなベストはピッタリすぎると窮屈な印象を与えてしまいます。

画像右のように胸周りのスッキリしたジャストサイズを選びましょう。

「タイトなベストが好みで心配」という方は、ベストを購入するときに店員さんやフィッターさんに相談するといいでしょう。

3-2 ベスト丈の長さ-

ベストの丈の長さ

もう一つ、ベストを選ぶ際に起こりがちなのが、丈が短すぎる失敗。

画像左は着丈が短くシャツやベルト、ネクタイの先が全て見えてしまっています。

これではせっかく胸周りが良くても意味がありません。

ベストが短いと胴長な印象を与えてしまうというデメリットもあります。

丈は画像右のようにスラックスのベルトが隠れるくらいの長さがちょうどいいです。

3-3 ベストのVゾーンの広さ

ベストのVゾーンの広さ

ベストを選ぶときはVゾーンの広さに注意しましょう。

左のようにVゾーンが狭いものは首元が窮屈に見えてしまうので上級者向けです。

生地の素材や柄によって、はかなりカジュアルな印象になってしまうものもあるので、着こなしには注意が必要です。

逆に左のようなVゾーンが広すぎるベストは個性的な印象になります。

ある程度遊びを効かせてもOKなパーティーシーンなどで個性を演出したい場合はありですが、お仕事にはおすすめできません。

画像のようにちょうどいい広さでスッキリ見せると好印象です。

目安としては、シャツの襟がジャストサイズで収まる程度の広さが丁度いいです。

4. ベストを着る時のルール

ベストを着るうえでボタンの留め方にルールがあります。

これはアンボタンマナーといい、マナーとして覚えておきましょう。

4-1 ベストのボタン

ベストのボタンの留め方

上の画像のように、基本的にベストの一番下のボタンは外し、他のボタンは全て留めるのが一般的です。

ベストのボタンの留めるやり方

例外として、上の画像の様に裾の部分が直線的なL字になっているスクエアカットのベストは全て留めてスッキリ見せるという場合があります。

ダブルベストを検討している方は、覚えておきましょう。

4-2 ジャケットのボタン

ジャケットのボタン

上の画像のように、基本的にベストの一番下のボタンは外し、他のボタンはすべて留めるのが一般的です。

ベストの着用時、基本的にジャケットのボタンは留めないのがマナーです。

「留めないで大丈夫?」と思う方もいるかもしれませんが、これはマナーであり全く問題ないので安心してください。

5. ベストを着こなすコーディネート

ネクタイの合わせ方でベスト付きスーツのコーディネートは更にかっこよくなります。

ここでは代表的な3つの合わせ方を解説します。

実践してベストをスタイリッシュに着こなしてみましょう。

5-1 スーツと同色のネクタイを使う

 スーツと同色のネクタイ

スーツと同色のネクタイを使うのは一番簡単で失敗しない組み合わせです。

左はブラウンスーツにブラウン、右はネイビースーツにネイビーのネクタイを合わせています。

基本的なコーディネートですが、ベストがあると表地の割合が増える分、より統一感が出てワンランクおしゃれな雰囲気にすることができます。

5-2. スーツの色とネクタイの色を合わせる

スーツの柄とネクタイの色を合わせる

スーツの柄の色とネクタイの色が合っていれば、コーデにアクセントを付けつつ目立ち過ぎを防ぐことが出来ます。

画像はどちらもブラウンのチェックが入ったスーツにブラウンのネクタイを合わせています。

ベストでネクタイの見える面積が減るので、派手なネクタイを攻略したい時にもおすすめです、

5-3 チーフとネクタイの色を合わせる

チーフとタイの色目を合わせる

少し明るめのネクタイを使うときは、ネクタイに近い色のチーフを胸のポケットに挿すのがおすすめです。

色が2カ所に散ることでネクタイが浮いて見えづらくなり、シンプルなスーツでも華やかな印象になります。

もちろん、先ほどの合わせ方2つと一緒に使うのもOKです。

全く同じ色のネクタイとチーフを揃えるのは難しいので、合わせるネクタイを決めたらそれを持ってバリエーションの多い百貨店やスーツショップに行って探すのがいいでしょう。

まとめ

  • ① ベストの胸周り
    ② ベストの丈の長さ
    ③ ベストのVゾーン

この3つに注意して選んだベストにネクタイを巻けば、もうベストの着こなしはお手の物です。

ベストは日本では一時「古臭い」「ダサい」というイメージもありましたがそれは昔の話です。現代でベストはメンズのビジネススタイルではすっかり定番アイテムとなりました。

是非、ビジネスでもお洒落したい!ベストを仕事でも着てみたい!そんな時に参考にしてみてください。

 

Back To Top